いくものがかりと少女が買える街総集編

こんにちは!
今回は、サークル:暗中模索/著者:まるころんど「いくものがかりと少女が買える街総集編」をご紹介します。

FAZA作品紹介

いくものがかり…それは性交が義務化された世界。

少子化対策として制定された「いくものがかり法」により性交が義務化され、生徒は「射精の授業」にて様々なことを学んでいく。

授業で挿入体験、りんかん学校でやりたい放題、模擬試験として大乱交などなど…。

そんな彼らが今回学ぶのは…自分でしてみること!

しかし盛んな年代の彼らのこと、自分でしてみるだけで満足できるはずもなく…。

一方、いくものがかり法の施行に間に合わなかった世代がいた。

そんな世代の補償と対策として導入された制度、それが「奉仕活動制度」である。

全国からランダムに選ばれた学生は、コンビニやスーパーで買われ、買われた相手に奉仕しなければならない。

そんな世界において、あらゆる権力を駆使して処女を守るお嬢様がいた。

しかし無情にも、お嬢様は奉仕者として選ばれてしまい…。

※本作品は既刊をまとめた総集編です。描き下ろしのみデジタル版としては初収録となります。

---収録内容---

・いくものがかり(既刊/加筆修正版/8P)
・いくものがかりデラックス版(既刊/加筆修正版/30P)
・いくものがかりデラックス版2(既刊/加筆修正版/30P)
・いくものがかりデラックス版3(既刊/加筆修正版/28P)
・いくものがかり 自分でしてみよう編(描き下ろし/20P)
・少女が買える街(既刊/加筆修正版/26P)
・少女が買える街2(既刊/加筆修正版/28P)
・少女が買える街 買われたお嬢様編(描き下ろし/16P)
・その他オマケ等
・デジタル版のみの特典として、本文データとは別に表紙カラーデータ14枚を収録

・成年向けオリジナル漫画
・全206ページ(表紙2ページ、本文モノクロ204ページ)
・オマケ表紙カラーデータ14枚
・jpg形式、グレースケール、縦2000px
・奇数ページが左ページとなります。

サークル:暗中模索/著者:まるころんど

あらすじ紹介

1話 いくものがかり(既刊/加筆修正版/8P)
 学校のプール。
 スクール水着姿の前田(ヒロイン)が今日の「いくものがかりの当番」
 男子生徒たちの射精のお手伝いを手コキ、フェラでするのだ。
これは「性の授業」であり、
 男子たちは、授業時間内に射精しないと、罰として、放課後居残りさせられる。
 射精(出すだけ)とはいえ、男子も、どうせなら膣内でイきたいもの。
 女子に中出しは「ダメ」と言われていたのに、男子は、前田のワレメの中にびゅるびゅる注入してしまう。
 授業が終わっても、前田は、放課後、職員室に出向き、先生たちのチンポのお世話をしてしまうのだ。

2話 いくものがかりデラックス版(既刊/加筆修正版/30P)
 「性の授業いくものがかり」
 教室で先生が女子生徒にフェラさせ、男子たちにお手本を見せた。
 先生に指名された三人の女子生徒が、男子たちに(フェラ)をする事になった。
 緊張が走る。
 むき出しになった男子生徒の生ちんぽに、女の子たちの口が……。
 気持ち良過ぎて、即発射する男子。
 一か月後、
 性授業・いくものがかりは、ついに、女の子の膣に、生チンポを挿入する授業となった。
 教室の前で大股開いて、おまんこくぱぁする木下さん(ヒロイン)。
 クラスの皆に見られ、恥ずかしい。男子にクンニされ、生ちんぽを挿入される。
 ぶちっと処女膜破れ鮮血、痛がるも膣内射精。
 興奮する男子たち。
 男子全員がSEXの経験をする事になり、委員長と巨乳女子も参加する。
 乱交SEX場となって、生ハメ中だし連発の授業であった。

6話 少女が買える街(既刊/加筆修正版/26P)
 夜。コンビニの売場。
 お茶とかが陳列している中で、ケースの中にはビキニ姿の少女たちがいる。
 客は疑問ももたず、当たり前のように、その中から一人の女の子を取り出し、レジへ。
 店員もいたって普通に商品(女の子)をスキャンし、続いて少女の手首のバーコードもスキャンする。
 年齢認証を終え、客は購入した少女を連れ歩き出す。
 街の通りには「等身大の少女たちの販売機」があちこちにある。
 客は自宅に持ち帰り少女をハメ倒したが、賞味期限(使用期限)が今日までだと知り、
 処女喪失し血まみれのワレメに再度チンポをぶち込んで激しくレイプ。
 その後、少女を回収袋に入れ、専用回収場に持ってゆくのだった。

サンプル画像紹介

管理人
ゴムちん
「いくものがかり」という設定が面白いですね。
少子化対策で学校で生徒は「射精の授業」を受けないといけないというw
女子生徒は嫌がりながらも、仕方なくSEXしたり、
気持ち良くなっちゃって和姦みたいになったり。
指導教師が坦々と説明しているのも、この設定を面白くしている要因ですね。
「女の子が買える街」は、
少女(中学生)を完全にモノ(商品)と扱っています
嫌がる少女を無理矢理犯すシーン。
悲しくて涙する少女のカットもあり、背徳感、胸糞感を抱くかもしれません。
クソエロですけどね

エロさを数値化

ヒロインの魅力
総合画力
( 絵のエロさ )
エロいシナリオ
挿入断面図
エロさ

《コメント》

「いくものがかり」シリーズは、設定が斬新で面白いです。
 エロ度もとても高くて、抜くには最適。
 一般向けすると思います。
「女の子が買える街」シリーズは、かなり問題作で、そして秀作ですね。
いくものがかりの世界設定をそのまま受け継ぎ、大きく空想、世界観を広げていて、
エロ漫画だけではなく、読み物として、じゅうぶんに読み応えがあります。
しかしながら、泣きながら嫌がる少女(中学生)を押さえつけ割れ目に男根をぶち込んで、犯し尽くし、
その後、少女をゴミ袋(廃品回収袋のようなモノ)に入れ、捨てに行くのが当然のような世界は、
人を選ぶと思いますね。
似たような世界観だと、クジラックス先生の作品でしょうか。
独特な強姦ストーリーセンスを彷彿とさせます。
そして、作品全体にエロがたっぷり、抜きどころが多数。
特にレイプ好きの方は、絶対に押えておくべき作品、読んで欲しい作品です。
この作品を読んで、まるころんど先生のファンになる方がかなりいるんじゃないかな。

背徳感3★ 胸糞感3★

  総合エロ評価《5》

読んだことが無い作品、気になる作品を、お知らせください。
管理人が実際に読んで感想・評価をします。
私個人の意見になりますが、購入の参考にしていただければ嬉しいです。