孕ませゲーム~706号室 間々田道子を孕ませたら勝ち。~

こんにちは!
今回の断面図があるおすすめエロ同人誌は、
関西オレンジ「孕ませゲーム~706号室 間々田道子を孕ませたら勝ち。~」です。

サブタイトルが「706号室 間々田道子を孕ませたら勝ち」となにやら、面白そうですw
表紙絵には、清楚な顔立ちと零れ落ちるデカパイとのギャップがたまらんエロさ。
もう、ここだけで作者の高い力量が感じ取れます。
人妻寝取りは大好きなジャンルなので、楽しみですね。

それでは、サンプルを見てください。

作品のサンプル画像紹介

FANZA(DMM)の紹介文章 抜粋

専業主婦の間々田道子。
道ありふれた生活の中、団地の男達の道子を見る目が変わっていることに本人は気付かないまま、男達が密かに行っているとある「遊び」に巻き込まれて行くことに・・・。

モノクロ作品
本編70ページ
おまけ4ページ(おね●●●要素を含みます)

本作品の登場人物紹介

間々田道子(ヒロイン)
 お見合いで結婚した夫と、1人の息子「祐輝」を持つ爆乳主婦。
 夫の転勤に合わせ団地に引っ越してきた。
 夫とのセックスでは快感を感じられず、ほぼマグロ状態。
 なのでセックス自体にも興味がなく月に一回程度、主人に付き合うだけ。
 それも安全日には避妊具までする徹底ぶりである。
団地の男たち(孕ませゲームのプレイヤー)
 宮本
 好青年風の容姿で配達業。独身。
 ヒロイン道子と同じ団地に住む。
 道子の自転車を修理したことから仲良くなり、肉体関係を結ぶ。
 畠中
 道子のアパートの隣に住む独身男性(童貞)、やせ型キモ系・37歳
 道子が宮本と不倫している証拠を突き付け、関係を迫る。

あらすじ・感想・ネタバレ

まずヒロイン道子の視点で進む。
人妻道子の爆乳とぷりっぷりっの尻が強調されるコマが多く◎
道子は、団地の男たちの視線が気になり主人に相談するも、軽くいなされる。
(ここで、旦那さんから感心をもたれていない奥さんなんだな、と伝わり、寝取られの予感◎

ある日。
ヒロイン道子が、自転車が動かなくなって困っていると、同じ団地に住む宮本(イケメン青年)が簡単に修理してくれる。

後日、
「この間のお礼といってはあつかましいですが、一緒にお酒を飲みませんか?」
と笑顔で誘われ、ついつい、気を許してしまう。

ここまでで「14ページ」導入部です
総ページ数75に対して19%

奥さんの自宅。
ソファーで道子と宮本。
いきなり絡みシーン開始。
後ろから抱く形でベロキスしつつ、手マン。
奥さんの左手の薬指には指輪。
ブラを外すと乳輪大き目の豊乳が露わになる◎
乳首を責められ紅潮し、
「まだ出るんですね母乳」
と宮本に言われ羞恥に頬を赤らませる奥さん。
ワレメは既に大量の愛液で、受入れが整っている。
フル勃起した生チンポ。バック挿入の体勢。

「いいですか? このまま続けても」
「寝室なら……」

不倫SEX同意確定
文章は少ないですが、部屋に飾る子供を抱く主人と自分の三人の写真が一コマあり、それだけで、性交を受け入れたのだと分かり◎

寝室にて
騎乗位でベロキスしながらハメる。揺れる乳。
正常位から、押さえ込まれ激しく性交。
プリプリ尻と結合部位「あっ♡あっ♡」軋むベッド。(ここかなりエロいです)
射精し終え、抜いた愛液塗れの竿。広がったままのオマンコ。
「もう一回しますか?」
の問いにぐったりとした人妻道子。
(絵の描写はありませんが、ハメまくったんだな、と伝わります)
「今日の事は誰にも言いませんよ」
と残し宮本は仕事に向かう。

後日。
道子宅の玄関。
そこには、隣の部屋に住む37歳中年「畠中」が、自分のスマホを道子に向けている。
スマホからは、明らかに自分だと分かる宮本とSEXした時に喘ぎ声が響いていた。
録音していたのだ宮本が。
それをネタに道子を脅す
「口と胸でしてくれればいいですよ」

軽くいなす道子だったが、
「ご主人が帰宅したころにまた来ます」
と言われ、やむなく受け入れてしまう。

垂れるくらいの爆乳で中年男の竿をぎゅむぎゅむパイズリ。
口で竿を咥え、刺激を増すと、大量射精&母乳噴射。
終わり帰宅した畠中にホッとした道子だったが、
最初から宮本と畠中はグルで自分を狙ったのだと確信する。
誰かに相談しようにも、そんな事をしたら主人だけでなく団地中に噂が広がってしまう。
悩む道子に、更なる追い打ち電話が宮本から入る。
ラブホテルで待ってますと。

ラブホテル
宮本と畠中が談笑している。
シャワーを終えガウン姿の道子をベッドに連れ行く宮本と畠中。
静かに仰向けで横たわる道子が不機嫌だと気付いて宮本が、爆乳を揉みながら
「今日の間々田さん、ノリ悪いな~。
 この間の続きを間々田さんも期待してたんじゃないですか?」
と口を開いた。
そして、これはゲームだと知らされる。

「ゲーム?」
乳房を持ち上げられ、チンポで擦る。
噴出した精液まみれのおっぱい。
そして、ゲームの内容が徐々に明らかに……。

大股開き、オマンコくぱあ。
両指でヴァギナを開かれてゆく様が2ページにわたり表現されてクソエロ◎
生チンポを避妊具なしで挿入しようとする宮本に注意した道子だったが、
無視され正常位でぶち込まれる。

ゲームの内容

団地の男二人一組でワンチームで、人妻(道子)を孕ませるゲーム。
月ごとに交代しながら道子とセックスを続け、妊娠したチームが勝ち。
妊娠期間を逆算して勝者を決める。
お金を賭けてはおらず、団地の男達のレクリエーション活動なのだと。

戸惑う道子だったが、説明の最中、ずっと宮本にハメまくられていて返答できない。
チンポを強く突かれ、海老ぞりで舌を出し、爆乳を弾きながら感じてしまう。
体位を騎乗位に代え、突き上げピストン

「そらっ! 孕めっ!」
のセリフと共に、ビビュッ!!と中出し射精。
強い快感で声にならない道子は、両手首を宮本に持たれたまま、後ろに仰け反り、全身を震わせ続ける。
痙攣は竿を抜いた後も続き、海老ぞりの形のまま放尿、
そして緩んだワレメから白濁液がゴポゴポ。
ベッドのシーツを広く濡らし、道子は仰向けで放心したままである。

その光景を、冷静に見ていた畠中(童貞)が――
「今日は僕が先にナカに出す約束だろ」
と宮本に注意。
「これだから最近の若いもんは……」
不満を口にしながらも、結局は道子をハメ倒す。
放心していてもお構いなし、正常位で激しくピストン。
初めて体験する女性の膣内の感触に興奮。
無茶苦茶乱暴なのは無理もないところである。

それを眺める休憩中の宮本が、
「このペースだと、孕むのが先か、道子さんが壊れるのが先かって感じ。
 最後の人(チーム)まで回るといいけど……」
などと心配するのであった。

日曜日。
道子の自宅。
リビングで、主人が息子と遊んでいる。
道子は、二人との出来事と「孕ませゲーム」が頭から離れない。
そんなおり、再び道子の携帯に着信が入る。
「夕飯の買物に行って行ってきます」
と残し、道子が向かった先は隣の住人宅であった。

隣の畠中宅
全裸の宮本と畠中が、全裸の道子の肉体を貪っている。
立ったまま宮本と濃厚キスしながら、宮本のギンギンチンポを手コキする道子。
その道子のマンコを指で開き、レロレロ舐める畠中。
フェラをお願いする宮本。差し出されたチンポを、上目づかいでひょっとこ顔でフェラ。
そして畠中の勃起竿が、バックから奥さんに挿入される。
横広いコマで、口とワレメをチンポで塞がれ感じる人妻と、「ママ遅いな~」と子供と遊ぶ主人を対比していてエロさ◎

「もっと膣奥までねじ込んじゃってください」
宮本の言葉に、
「分かっているよ!」
と腰を激しく突き入れた畠中。
亀頭が子宮弁にぶちゅう、と届くと、道子の両目の焦点が揺らぐ。

宮本のチンコも、道子の喉奥にハマリ、奥さん涙目で顔真っ赤。
「うごうごっ、おぶっおぶっ」
としか言葉なし。
喉奥と室内に大量同時射精。
抜き取った竿。
蕩けたアへ顔で口を開きっぱなしの道子。
伸びたままの舌には宮本の子種液が。
穴アナ丸出しの下、ワレメからも、畠中の精液が零れるのだった。

道子の自宅。
夜、息子祐輝が眠る隣のリビング。
ご主人が出張で不在なので、二人が押し掛けて来たのだ。

道子は、嫌がりつつも――、
いやいや、逆らったらダメ。
早く終わらせてかえってもらおう。
我慢よ、我慢、自分をしっかり持てば大丈夫。
と二人の愛撫に身を任せてしまうが。

寝バックで宮本にハメ倒され、放尿してイキまくり。
奥さんが自ら、後ろに顔を向けてベロキスを求め合い、再び寝バック。
二発目の中出しを終え、М字開脚でソファーにもたれかかり放心する道子。
愛液と精液が混じったモノが、ワレメからどろっと滴りリビングの床に落ちる。

宮本は、配達に仕事が入り出かける。
残った畠中が、意識がない奥さんを見て再び欲情。
オマンコに手を突っ込みくちゅくちゅ刺激するが、突然大量に潮吹き。
半眼で痙攣。
宮本が仕事から終わり帰って来たが、畠中はバックでハメ続けていた。
やがて道子は動かなくなる。
休憩なしのSEXだったからだ。

道子を二人で抱えて寝室に連れ行く。
意識が戻った道子は、
「もういいわよ。好きにすればいいでしょ」
と。まるで、ゲーム参加を許すような発言をするのだった。

全裸で向かい合い立つ二人の男。
膝まづいた道子が、その竿を口と手で愛でる。
大きな胸で射精を受け、その後、寝室に移動してから宮本がバックから挿入。
アナルにも竿を入れ、シャーッと高く舞い上がる失禁放尿。
両足持ち上げ、バックからマンコに挿入。
膣に突き刺さったチンポ。
子宮弁まで届いた亀頭から、射精された精液が、ビュルルと子宮内まで入り込んでゆく
射精断面図、かなりエロいです◎

痙攣する道子を、今度は畠中が立ちバックからハメる。
押さえ込み、ベロキスしながら種付けファック。
二竿同時フェラ。
同時射精を道子は顔で受ける。

道子の心情(思い)

今回の出向が終わったらマイホームを購入することになっている。
我慢よ我慢。洗濯と一緒。この行為を日課と思えば良いのだ。
出向が終わるまでの一年間を耐えれば、それで終わる。
ピルだって飲み始めた。誰が妊娠なんかするもんですか。
こんな事、気持ち良くもなんともない。

そう思いながら道子は、宮本の竿をバックから受けるのだが、
黒目が上ずり、明らかに感じまくっている◎
「家を買ったらここでの事は忘れて、三人で幸せに暮らすのよ……」
と自分に言い聞かせながら、宮本の発射した液をワレメから垂れ流すのだ。

71ページで本編終わり
導入部を除くと、57ページが主要パートです。
この57ページの殆どが絡みシーンなので、抜きやすい実用性のある作品ですね。

73ページからおまけ。
おまけ(ショタSEX)
 

 
月が代わり、翌月。
宮本と畠中は姿を見せなくなった。
孕ませチームの入れ替えなのかもしれない、と予感していた道子に、ランドセルを背負った子供が声をかけてきた。
前田さん宅の息子である。

「あの、これ。
 これを見せたらおばさんがエッチなことしてくれるって……ほんと?」

少年が見せたスマホの液晶画面には、道子の不倫SEXシーンがあった。
三人目のゲームの参加者は、小学生男子?? 
ちょっと待ってよ……。
道子の目が点になる。

ひとけが無い非常階段の踊場。
道子はやむなく子供チンポを後ろから受け入れる。

「お、おばさん……どうしよう、腰、止まんないよおっ!!」
「だ、だめっ! それ出したら!」
赤ちゃんできちゃう、
と注意したのに、子供精子をどっぷり膣に注がれてしまう。

更に田中くんを自宅に招き入れる道子。
夫がいない昼間っから寝室でハメ続けられピクピクいっちゃう。

イキながら思う。

前までは、こんな身体ではなかった。
身体がセックスを赤ちゃんを欲しがっている♡

何度も子供精子を膣奥に受け止めながら、道子は快感と痙攣に酔うのであった。

エロさを数値化

背徳感・胸糞感
征服感

ヒロイン道子視点で進む寝取りでありながら、それほど背徳感を抱きませんでした。
というのも、
彼女の心の内に、家庭を大切にしたい、最優先なのは、伝わりますが、
旦那に申し訳ない、旦那を愛している、旦那さんから愛されている、
などという感情が表現されていなかったからです。

征服感はというと、
男性側の主格(宮本)が、奥さん(道子)を初めてハメる過程が、あっさりし過ぎているので、それほど感じません。
というか全く全然ですね。

寝取りは身持ちの硬い主婦を、どうやって堕とすのか――。
その苦労する過程(ヒロインの心の揺らぎなど)が強いほど、征服感達成感は高まると思うので、
本作品は、宮本が酒に誘ったページの次に、もう奥さんを抱きしめベロちゅー手マンのページですから。

ヒロインの魅力

爆乳ですね。
最高に、けしからん胸です。
ファックのとき、形を変え、揺れまくり、
仰向けになれば、ずっしり重力に広がる乳房は、巨乳好き男にはたまらんです◎

性格はクール風。
近所付き合いを大切にしており、家庭最優先に思っている普通の主婦。
ヒロイン道子の外見も内面もちゃんと表現され、輪郭ができている。
ゆえに、勿体ないのは、
最初の男(宮本)とスル前の攻防が4ページでもいいので、描かれていれば、もっとエロい作品になっていたのに、と思ってしまいます。

心の変化
物語りの最初と終わりとでは、道子の心と肉体が違います。
宮本と畠中にセックスを叩き込まれ、ヤバイ扉が開いてしまった、そんな感じでしょうか。
続編を書かれるんじゃないかと思うのですが。
なにせ、孕ませゲームなのに、孕んでない(完結してない)ですもんね。

総合画力(エロさ)

クソエロい絵は言うまでもなく、
絵でほぼ説明ができるほど情報量が多い絵です。
セリフや説明文は、絵で伝えきれない部分を補うだけ、理想的です。
構成を含めて◎です。

エロいシナリオ

人妻寝取りというシナリオだけで、他の人気作品と比較すると。
同じ事を書いてしまいますが、
やはり、最初の男(宮本)と、SEXするまでに、どう口説き堕としたのか、どう騙したのか、
無理矢理なのか、母性本能に響かせたのか、

その時の道子の心情は? 
夫に対する謝罪感情など含めて、自分の心をどう誤魔化したのか、
宮本に許した後の後悔、懺悔、などの背徳感情。

人妻寝取りの良作は、ここらへんが強く描かれていて、
多少絵が雑でも、かなりエロいです。(どの作品かとは言えませんがw)

そういった意味でも、本作品はちょっとだけ損をしているのかなと。

挿入断面図

作中にある断面図は二か所。
いずれも射精していて、膣内の肉壁のつぶつぶ感もきっちり描かれてくれて、とてもエロいです。
作者が意識的に、ここぞ、と思うシーンだけに断面図を配置したのだな、と思います。
あちこちに配置すれば、エロさは増すのですが、
この作者さんは画力が高いので、断面図がなくとも、エロ表現はじゅうぶん。

ただ、
これだけ絵が上手な作者さんなので、
「もっと欲しいなあ、挿入断面図……」ですけれど。

《コメント》

作中にかかるモザイクについて
細かいドットタイプなので、エロさ◎です。 よくあるのが、白塗りで、おちんぽ、おまんこが丸ごと見えないバージョンがありますね。
せっかくのエロ値が激減ですよ。
そこらへん、本作品はモザイクもエロの妨げになっていないので◎です。

本作品「孕ませゲーム~706号室 間々田道子を孕ませたら勝ち。~」は、
エロシーンが豊富にあり、全体的に抜きどころが多い実用性マックスの作品です。
未読の方はぜひ読んでみてください。
強く勧めます。

  総合エロ評価《5》

管理人
ゴムちん

爆乳人妻(間々田道子)が、「孕ませゲーム」のターゲットにされ、

宮本と畠中にハメ倒されます。
本来なら、道子が誰かに孕まされ終わるのでしょうけれど、

妊娠していないので続編がありそうです。

作者さんも、そこらへんを意識して本作品を書いたのかもしれませんね。

それとも、サブタイトルを代えて、別の人妻?を孕ませるお話しで続編かもしれません。

なんにしても、期待する作家さんです

もっとエロいの教えて欲しいとおっしゃる方必見

読んだことが無い作品、気になる作品を、お知らせください。
管理人が実際に読んで感想・評価をします。
私個人の意見になりますが、購入の参考にしていただければ嬉しいです。